腰の異変はすぐに病院で診察を行うことが大事

運動後の老夫婦

椎間板ヘルニア

腰痛の原因として椎間板ヘルニアが存在します。この病気は背骨の骨と骨の間に存在する軟骨に異変が起こることによって神経が圧迫されることによって起こります。この病気の治療法として「PLDD」を利用したものがあります。

» 詳細を確認する

メリットについて

「PLDD」は様々なメリットが存在します。その中でもPLDDは成功率が高いのも大きなメリットだといえるでしょう。他にもすぐに治療が完了するのもPLDDの良い所だと言えます。

» 詳細を確認する

負担が少ない

PLDDは比較的体に掛かる負担が少ない手術方法です。そのために体に傷が残る心配もありませんし、様々な病気を持っている方でも受けることができる治療法です。そのためにいろんな人が受けることが可能です。

» 詳細を確認する

完治までのスピード

PLDDの手術を行ってから症状が完治するスピードは人それぞれです。早い人であれば手術後すぐに症状が解決するという方も存在します。しかし大体の方は半年程かけてゆっくりと改善していく人が多いです。

» 詳細を確認する

腰の異変について

医者と話す高齢女性

腰の異変について

年を重ねる毎に腰が痛くなる方は少なくありません。
加齢が原因で無くても、ストレスによって腰痛が起きてしまうこともありますし、ずっと同じ姿勢でいても腰痛になってしまうことがあります。
このような腰痛の原因は実際には特定出来ないことが多いようです。
約85%の割合の腰痛は原因が特定することが出来ないといわれています。
残りの15%、これは原因が特定できる腰痛で、神経が圧迫してしまうことや、骨に異変があった場合に病気になってしまう場合だそうです。
ただ腰痛がするというだけでは、素人目では判断することが難しいので、すぐに医者に診察してもらう様にしましょう。

原因が分からない腰痛

原因が分からない腰痛に関しては様々な理由が考えられます。
まずは体の不調によるものです。
長時間同じ体制でいる仕事を行っている、運動不足、肥満、冷え性など、体に負担がかかっている場合や訛っている場合に腰痛が起こりやすいです。
そしてストレス、これは心や環境の影響がとても大きく関わってきます。
ストレスの多い職場にいる、家庭内での関係が悪化している、不安で眠れない、このようなストレスが腰痛になる場合も存在します。
そして最後に神経の障害です。
腰には様々な神経が通っています。この神経に何か異変が生じると腰痛になることが多いようです。
原因が判明していて病名が存在する腰の病気も、腰に存在する神経が深く関わっていることが多いです。

ピックアップ